引っ越し見積もりを一括でプロが代行してくれる

引越しの見積もり相場を調べても意味が無い

引っ越し見積もり相場を調べる意味

 

引っ越しを考え始めたときに引っ越しの費用も考えます。
そして、出来るだけ安くしようと思って、
問い合わせをする前に費用の相場をチェックすることがあります。

 

 

このやり方が役立つのは、
「自分で交渉できる人」です。
また、時期によっても大分違います。

 

 

引っ越しの相場は一人なのか世帯なのか、
荷物が多いのか少ないのか、
比較することは出来るけれど、
比較しても大して自己満足にしかならないです。

 

 

だって、自分が引っ越すケースは人によって全然違うから。
相場は当たらずとも遠からずっていうだけです。
一番確かなことは、見積もりの相場を調べることではなく、
見積もりをして貰うこと。

 

 

今は、見積もりに料金を取るところはないです。
ただ、単純に面倒だからネットで相場を調べて、
「大体こんなもんか」って感じになるだけ。

 

 

しかも厄介無いことに、ヘンな知識を持っているから、
実際に見積もりをして貰ったときにごちゃごちゃします。

 

 

「ネットではこれだけ安かった」とかね。
(高かったっていうのは普通は言わないし)

 

 

返ってくる返答は「お客さんの場合はこれと違うんですよ」って感じ。
嘘を業者が言ってるんじゃなくて、
引っ越しって言うのはほんとケースによる。

 

 

だから、引っ越しを考え始めたら、
費用の算段を付ける意味でも、
まずは見積もりを取ることが大事。

 

 

決まった見積もりがないときは、
窓口になってくれる人が居そうな見積もりを依頼した方が、
後々面倒がなくて良いです。

 

 

最初の段階で知りたいのは、
「いくらぐらい掛かるの?」ってことです。
いきなり業者とやりとりを始めると、
業者は「引っ越す予定ですよね」てことで、
こちら側と随分と温度差が出てきます。

 

 

それらも含めた上で、
少しでも気軽に見積もりが依頼できないかってことで生まれたのが、
引っ越し業者と依頼者の間を取り持つ仲介業者です。
1度の電話で、複数の見積が揃う引越し見積もり比較サイトの詳細はこちら

 

 

普通の引っ越し一括見積もり依頼をすると、
各引っ越し業者から問い合わせが入ってきます。
これが分かっているから、
引っ越しが決まるまでなかなか見積もりの依頼をすることが出来ないです。

 

 

沢山連絡が来て業者に振り回されるし、
いちいち対応をしないといけないのも大きなストレスです。
そう言うのって面倒だから仲介のプロが間に入って、
依頼者にもっと楽な環境で引っ越して貰う方が良いよね、
ってことで生まれたサービスです。

 

 

実際、引っ越し業者と直接やりとりをしないで済む、
というだけでもかなり楽です。
相手にするのは仲介で入ってくれているコールセンターの人と、
管理画面に出てくる見積もりです。

 

 

人を相手にするのは最小限で、
画面を見て比較検討出来るっていうのがすごく楽。
しかも、自分用の見積もりなので、
相場なんて意味が無いです。

 

 

少しでも安くっていうのもクリアしてます。
これまでの一括見積もりと違い、
間に仲介業者が入ることで、
価格がオープンになります。

 

 

アマゾンショップなどで買い物をするのと同じように、
価格比較がやりやすいため、
高い値付けをすると契約して貰えないです。

 

 

そこまで見越してこのサービスを展開しているため、
少しでも安くっていう重要ポイントもクリアしてます。
面倒がなく、比較しやすく、且つ、強制的じゃない。

 

 

とりあえず相場を知るなら、「自分用」の相場をチェックするのが一番です。
詳細はこちらからチェックしてみてください↓